相手に与えるイメージは色選びでコントロールできる【暖色系の色彩感情】

色は見る人のイメージに心理的な影響を与えます。色が人の心理に印象を残す働きのことを「色彩感情」といいます。

色それぞれが持つ意味をふまえてコーディネートを考えることができれば、出会う人に自分の意図する印象を与えることができます。

今回は、暖色系のレッド、ピンク、オレンジ、イエローの色彩感情をご紹介します。普段の服選びにも役立つはず!

レッド

プラスイメージ・・・「情熱」「興奮」「華やか」「行動力」「恋」
マイナスイメージ・・・「危険」「激しさ」「対立」

コーディネートのポイント→

エネルギーを感じさせるアクティブな色である赤。元気で明るい印象を与えます。一方で、少々感情的に見られがち。派手な色なので大人数の中で印象に残りたい時にはうってつけ。逆に少人数の会では目立ち過ぎてしまうかも知れないので注意。

ピンク

プラスイメージ・・・「優しい」「若い」「かわいい」「幸福」
マイナスイメージ・・・「幼稚」「甘え」「意志薄弱」

コーディネートのポイント→

女性的なイメージのピンクは、相手を安心させたり、幸せな気分にさせたりします。基本的に悪いイメージのないピンクですが、、繊細で幼稚な印象を与えてしまうこともあります。全身ピンクにしてしまうと自分をかわいく見せたいと思われてしまうので注意。

オレンジ

プラスイメージ・・・「陽気」「フレンドリー」「明るい」「暖かい」「おいしそう」
マイナスイメージ・・・「安っぽい」「目立ちたがり」「自分勝手」

コーディネートのポイント→

太陽のように生き生きと輝く色であるオレンジは、ポジティブさや楽しさをイメージさせます。また、トラウマやショックなどを吸収する色とも言われています。一方で、快楽主義的で安っぽく見られてしまうこともあります。原色のオレンジだと目立ちすぎるので、パステルカラーやヴィンテージ柄などを選ぶと良いでしょう。

イエロー

プラスイメージ・・・「楽しい」「にぎやか」「親しみやすい」「社交的」
マイナスイメージ・・・「目立つ」「幼い」「注意喚起」

コーディネートのポイント→

コミュニケーションを円滑にさせると言われている黄色は、飲み会やパーティなど多くの人と交流したい時にうってつけの色です。記憶力を高めるとも言われているので相手の印象にも長く残るはず。一方で、ひょうきんで軽い人に見られてしまう可能性も。

自分の強みや特徴に合わせて色選びをすれば、デートや合コン、同窓会などでも相手に良い印象を与えることができルはず。色の持つ意味や印象について普段のコーディネートから意識してみましょう。

参考・引用:テンプレート選びに役立つ!色が人に与える印象まとめ

色カラー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

dress box