大切な兄弟・姉妹、いとこの結婚式に向けて、親族の服装マナーを知っておこう(女性編)

親族の結婚式でのマナー

兄弟、姉妹、いとこ……。大切な親族の結婚式を最高の形で祝福したいですよね。

最低限知っておきたい、結婚式での親族の女性の服装のマナーをご紹介します。

 

親族の結婚式場合、普段より上品さを意識

親族は、あくまでゲストを迎える「ホスト側」です。特に、兄弟・姉妹の結婚式の場合は、通常の結婚式参列よりも品のある格好を意識しましょう。

 

結婚式での服装は、未婚・既婚、年齢などによって違いがあります。

 

洋服の場合、フォーマルなドレスが基本です。黒、ネイビーなど、落ち着いた色を選ぶのが無難です。(フォーマルな服装については、こちらの記事〜前回の記事リンク〜を参考にしてください)。

 

和服の場合、未婚の姉妹は、振り袖を着ることができます。既婚の場合は、黒色の黒留袖になりますが、最近ではその慣習が薄れてきてはいるようです。自分より目上、年上の方の装いよりも高級な着物にならないよう注意しましょう。

親族内での統一感を持たせた方が良いので、なるべく事前に打ち合わせをしておきましょう。特に、新婦の着物やドレスと色が被るなんて言語道断です!

 

いとこの結婚式の場合は、親族ではありますが、兄弟・姉妹の場合ほど控えめな格好をする必要はありません。むしろ華を添える立場として、多少華やかな色味のドレスや振袖を選ぶと良いでしょう。

髪型やアクセサリーも上品さを意識して

 

昼間の結婚式では、キラキラ光るいわゆる「光りもの」のアクセサリーは禁物です。対して、夜のパーティーの場合は、光りもののアクセサリーが求められます。

 

アクセサリーは、NGなものが多いのでマナーには注意が必要です。

例えば、ティアラは主役(花嫁)が身につけるアクセサリーとされていますので、避けましょう。また、イヤリングは、揺れるものを選んではいけません。「家庭が揺れる」、すなわち離婚を連想させるからです。

 

また、ウエディングドレスと被る白色は、結婚式の参列者ではご法度というイメージがありますが、白パールは例外です。良いことが重なるという縁起の良さから、白パールのネックレスは、二連、三連と重ねて身につけることもできます。

フォーマルな場ですので時計は外しておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

dress box