贈る前に見ておきたい!結婚祝いで気をつけなければいけないことって?

結婚を控えた友人に結婚祝いを贈りたい

大切な友人や同僚の結婚に、素敵な贈り物をしたい!でも、結婚祝いには実はタブーとされているものもあり、知らずに贈ってしまうと後々気まずい思いをすることも……。そんな思いをしないために、この記事をしっかりチェックしてからプレゼントを決めましょう。

 

割れ物

ガラス製品や陶器、グラスや食器類などの割れ物は、「割れる」「壊れる」という状態を連想させることから結婚祝いとしてはふさわしくないとされています。しかし、ペアグラスや食器などは新居などで実際に使う機会もあり、可愛いものも多いことから現代ではあまり気にしないようです。

 

包丁などの「切れる」もの

包丁やハサミなどの「切れる」ものは縁が切れることを連想させるためNGです。ただ、割れ物にしても、新郎新婦からリクエストのある場合は問題ありません。

 

「4」や「9」は避けよう

昔から「奇数は吉、偶数は凶」と言われることが多く、贈り物などには奇数が良いとされています。ペア商品などの2つで1つと数えられるものは奇数に入ります。

また、不吉な数字と言われる「4」や「9」は避けましょう。反対に「8」は「末広がり」ということでお祝い事には好まれます。

 

うっかりライバル社のものを買わないように

新郎新婦が勤める会社を知っているのなら、それぞれの勤務先のライバル社の商品をうっかり贈ってしまうことのないようにしましょう。

 

当日渡すのはNG

結婚祝いは挙式の1ヶ月ほど前に自宅に届くように贈るのが理想的です。遅くとも1週間前には届くように贈りたいものです。当日渡せば良いと思う人もいるかもしれませんが、ただでさえ忙しい新郎新婦の荷物を増やしてしまうことになるのでやめましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

dress box